• Chami

私は幸せであってもいい!It's Okay to be Happy


(思いっきり笑顔の時って、目尻がこんなにくしゃっとなってるんだ!目尻のシワが素敵なおばあちゃんになりたい... I didn't know how wrinkly my eyes get when I smile! I want to have lots and lots of laugh lines and be a beautiful older woman one day:))


普段知らずに感じたり思っていることに、はっと気づく体験をしたことはあるだろうか?ため息をついたら、自分が疲れてたことに気づくとか、歌や映画をきっかけに、自分の本当の気持ちに気付いたりとか。私は最近、「自分の幸せより人の幸せの方が大切だ」とずっと思ってきたことに気づいた。


ある瞑想ヨガのクラスで、10分間マットの上をマインドフルに、注意深く歩いていたときのこと。最後の数分の促しで、「自分が世界一幸せな人として、次の一歩を踏み出してみて下さい。」という言葉があった。その時に、頭の中が熱くなって涙が出てきた。


私は、自分はとても幸せだと思っている。それは、この世界でとても苦しい状況を生きている人たちがいるのを知っているということもある。また、毎日の生活の中で「ありがとう」と感謝の言葉を家族や周りの人に伝えたり、美しいものを見るようにしているということもある。私は私でよかったな、と思うことも多々ある。でも、「世界一の幸せ者」と思おうとしたとき、それはいけないことだ!と何かが反論したのだった。


私の幸せを誰かの幸せの為に使おう。それは、とても必要なことだし、カンボジアや宮城で、そういう思いで仕事をしてきた。でも、誰かの為に何かできるからではなくて、何もできなくても、私は幸せであっていいんだ、そう思えてないことに気付いてしまった瞬間だった。他の人の苦しみを見ると、どうしても何かしてあげたいと思う。よくなるようにしてあげたいと思う。これはとても自然な思い。でもその人がよくならないと、幸せでないと、自分は幸せであってはいけないと思うことは、本当に自分を大切にしていることではない。


ヨガのクラスの最後のシャヴァアーサナのとき、私は一人一人の肩と鎖骨のあたりを押しながら、その人に集中して、「幸せでありますように」と願うようにしている。その思いが届くかはわからないけれど、本当にその人の人生が幸せなものであってほしいと心から思える特別な瞬間だ。でも、それを自分に願えてなかったのかもしれない。今、胸に手を置いて深呼吸をし、こう自分の為に願った:「幸せでありますように。」これは、薄ぺっらい、全てがうまく行っているという幸せではなくて、満ち足りて、自分が自分らしくあるべき姿で生きていられる、ということなのだと思う。


慌ただしく過ごす毎日の中で、朝起きたら、まず自分に向かって言ってみようと思う。「幸せでありますように。」そうして、次は「OOを感謝します。」と感謝の心を培う。どんなに大変なことがある時も、苦しい時も、この二つの思いは自分を支えてくれるエネルギーになるから。

Have you ever had an experience where you realize what you believe or feel deep inside? Like that moment when you take a deep breath and realize how weary you are, or realize what you've been feeling all along when you listened to that song or saw that movie? Well, I had that moment during a meditation yoga class. We were invited to walk on our mat, carefully and mindfully, for 10 minutes. The mantra was: "I am here. I am present." And towards the end of the time, the teacher asked us to step out as if we were the happiest person in the world. And at that moment, I froze.


I couldn't be the happiest person in the world. Even though I know I am very fortunate compared to so many people who are suffering in the world. And even though I am thankful for so many people and circumstances in my life. And I stop to marvel at the hidden beauty in the ordinary life and cultivate joy and happiness. But I just couldn't allow myself to be the happiest person in the world.


Of course, it's important to use one's own happiness for others' happiness. That was the life philosophy I was taught as a child. Sacrificial love. That was at the base of all I did, in Cambodia, and in the post-tsunami disaster zone. But the difference was, I felt guilt for being happy if I couldn't bring happiness to others. It's natural to want to alleviate the suffering of others. To make the world a better place. But to think I couldn't be happy if that other person is happy isn't truly loving myself.


At the end of yoga class, I get the privilege of laying hands on each student's shoulders and collarbone, and while pressing down and helping the heart space open up, I focus on that person and pray that their life be happy. Not the shallow kind of happy, where you get what you want, but happy in that they are content, become more of who they are given life on this earth to be. But I guess I wasn't able to wish that upon myself with the same open love.


f. And out of that place, whisper all the things I am thankful for. hands on my heart, and said to myself, "May you be happy." I felt my stomach relax and felt warmth within. Maybe I need to practice this more: first thing in the morning, wish happiness to myself. And out of that place, whisper all things I am grateful for.

Follow on social media!  SNSでもぜひ!

  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle

​© 2019 by Migiwa Yoga Space. Proudly created with Wix.com